ヒタキ科ジョウビタキ属

ジョウビタキ

学名:Phoenicurus auroreus 英名:Daurian Redstart漢字名:常鶲
大きさ全長14cm、翼開長22cm
分布冬鳥として日本全国へ渡来
観察時期10月から3月頃まで
生息環境平地から低山の林縁、疎林、農耕地、市街地の緑地、人家の庭先など
食物昆虫、木の実など

特徴・形態

雄は頭上から後頸にかけて灰白色で、顔から喉までが黒。背と翼は黒褐色で羽縁は色が淡い。初列風切の一部と次列風切、三列風切の基部は白く、翼を閉じた状態でも白斑が目立つ。胸以下の下面はオレンジ色。尾羽も中央を除く外側はオレンジ色。嘴と脚は黒い。コントラストの鮮やかな雄に対して雌は全体が灰褐色で下腹、下尾筒、上尾筒と体下面が淡いオレンジ。次列風切基部の白斑は範囲が狭い。

分布・時期・生息環境

アジア東北部で繁殖し、冬期に南下する。日本では冬鳥として全国に渡来。開けた環境を好み、平地から低山の林縁、疎林、農耕地、緑の多い公園など、また人家の庭先にもよく見られる。

生態

非繁殖期は雌雄とも一羽で生活する。日本への渡来直後は目立つ場所で鳴き、縄張り宣言をする。食物は昆虫や木の実など。日本での繁殖例は1983年の北海道の上士幌町での記録の他、2010年に長野県諏訪郡富士見町で2例目、2012年に北海道の上川町で3例目が報告されている。

参考文献
  • 森岡弘之 編集 宇田川龍男 原著 「原色新鳥類検索図鑑」2003年 新版
  • 富士見町の山林でジョウビタキ繁殖確認 国内2例目 長野日報(2010年8月5日)
  • 真木広造「名前がわかる野鳥大図鑑」永岡書店 2012年
  • 中川雄三 監修「ひと目でわかる野鳥」成美堂出版 2012年
  • 真木広造他「日本の野鳥650」平凡社 2014年
  • 叶内拓也他 「新版 日本の野鳥」 山と渓谷社 2014年

写真撮影
図1〜8:守沢勇海