セキレイ科セキレイ属

セグロセキレイ

学名:Motacilla grandis 英名:Japanese Wagtail漢字名:背黒鶺鴒
大きさ全長21cm、翼開長30cm
分布北海道〜九州で留鳥。伊豆、奄美諸島などでは冬鳥
観察時期一年中。伊豆、奄美などで冬季
生息環境平地から山地の河川、湖沼、農耕地など。周辺の市街地にも
食物水生昆虫、エビ、クモ、貝など

特徴・形態

雌雄同色で額、眉斑、喉が白く、それら以外の前面は胸まで、背面は尾にかけての体上面が黒色。 腹以下の下面は白色。雌は雄よりも黒みが浅い。

分布・時期・生息環境

北海道から九州までで留鳥。伊豆諸島、奄美諸島などで少数が冬鳥。殆どが日本で繁殖する。
平地から山地の河川、湖沼、農耕地に生息。海岸近くでは見られず、河川の中流域に多い。主に水辺にいるが周辺の市街地にも見られる。

生態

食性は動物質で水生昆虫、エビ、クモ、貝などを採食。尾羽を上下に振って素早く歩き回る。
つがいで行動することが多く、繁殖期でなくとも縄張りを持つ。10数羽程度の小さな集団で樹木や建物の軒下などに まとまって眠る。ハクセキレイの群れに混じることもある。  

参考文献
  • 森岡弘之 編集 宇田川龍男 原著 「原色新鳥類検索図鑑」2003年 新版
  • 真木広造「名前がわかる野鳥大図鑑」永岡書店 2012年
  • 中川雄三 監修「ひと目でわかる野鳥」成美堂出版 2012年
  • 真木広造他「日本の野鳥650」平凡社 2014年
  • 叶内拓也他 「新版 日本の野鳥」 山と渓谷社 2014年

写真撮影
図1〜8:守沢勇海