セキレイ科セキレイ属

ハクセキレイ

学名:Motacilla alba 英名:White Wagtail漢字名:白鶺鴒
大きさ全長21cm、翼開長30cm
分布北海道〜本州中部で繁殖
観察時期北海道〜九州で留鳥。南西諸島では冬鳥
生息環境平地〜山地の河川、農耕地、市街地、河川の河口付近、海岸
食物主に水辺の昆虫、クモ、カタツムリなど

特徴・形態

額から頬が白く、黒い過眼線がある。成鳥夏羽雄は頭頂から尾羽まで背面が黒く、前面では喉から胸まで黒いが腹は白い。冬羽では背面が灰色になる。雌は夏羽も冬羽も全体が雄よりも淡色。

分布・時期・生息環境

ユーラシア大陸全域、アフリカ北部、アラスカ西岸に分布。日本では北海道から本州の中部までで繁殖し、全国各地で冬鳥として渡来。
平地から山地の河川、農耕地、市街地、河川の河口付近、海岸などに生息。
以前は北海道のみで繁殖していたが、近年では繁殖地を西日本にまで広げている。

生態

繁殖期以外の日中は単独で行動し、水辺で尾羽を上下に振りながら素早く動き回り、昆虫やクモなど捕らえる。 飛翔時に昆虫を空中で捕食する事もある。 食物の豊富な場所では集団となるほか、夕暮れ時には縄張りを離れて樹木の枝や、都市部では街路樹や橋の下、建造物の影などを集団ねぐらとする。 ハクセキレイは環境の変化に強く、都市にもよく適応しており、他のセキレイ類の生息域を奪う圧力となる事もある。
亜種は亜種ハクセキレイM.a.lugens(上記)の他に6亜種が認められており、 その内の亜種ホオジロハクセキレイM.a.leucopsisは 九州で少数が繁殖する。

参考文献
  • 森岡弘之 編集 宇田川龍男 原著 「原色新鳥類検索図鑑」2003年 新版
  • 真木広造「名前がわかる野鳥大図鑑」永岡書店 2012年
  • 中川雄三 監修「ひと目でわかる野鳥」成美堂出版 2012年
  • 真木広造他「日本の野鳥650」平凡社 2014年
  • 叶内拓也他 「新版 日本の野鳥」 山と渓谷社 2014年

写真撮影
図1〜8:守沢勇海