ホオジロ科ホオジロ属

ホオジロ

学名:Emberiza cioides 英名:Meadow Bunting漢字名:頬白
大きさ全長17cm、翼開長24cm
分布屋久島以北で留鳥または漂鳥
観察時期暖地では一年中
生息環境平地〜山地の・疎林、農耕地、草地、河川や湖沼のヨシ原など
食物主に草の種子など。繁殖期には昆虫類を食べる

特徴・形態

頭頂は茶褐色で、過眼線から顎線がつながりが黒色。眉斑、頬、喉は白色。背面は赤褐色で暗褐色の縦縞が通る。風切りは黒褐色で縁が淡色。 雌は全体が淡色で、雄のように顔は目立つ黒色ではない。

分布・時期・生息環境

東アジア広域に見られ、日本では留鳥、また漂鳥として屋久島以北の全国に分布。寒地に住むものは冬季には暖地へ移動して越冬する。北海道では夏鳥。

生態

平地から山地でまばらに低木のある森林周辺の草地などによく見られる。深い森林や、広い草地の中にはあまり見られない。
主に地上に降りて植物の種子などを食べ、繁殖期には昆虫を多く採る。
春の繁殖期になると雄は草木の高い場所や電線などの目立つ場所でさえずる姿が見られるようになる。
巣は椀状で枯れ草などを編んで地上や藪の中の低い位置に作られる。卵は雌が抱卵し、11日ほどで孵化する。

参考文献
  • 森岡弘之 編集 宇田川龍男 原著 「原色新鳥類検索図鑑」2003年 新版
  • 真木広造「名前がわかる野鳥大図鑑」永岡書店 2012年
  • 中川雄三 監修「ひと目でわかる野鳥」成美堂出版 2012年
  • 真木広造他「日本の野鳥650」平凡社 2014年
  • 叶内拓也他 「新版 日本の野鳥」 山と渓谷社 2014年

写真撮影
図1〜8:守沢勇海